スチームクリーナーは風呂に有効なの?

スチームクリーナーは風呂に使えるの?

最近かなり知名度や人気を高めているスチームクリーナーですが、お風呂に対しては利用をする事が出来るのでしょうか。当ページでは、お風呂におけるスチームクリーナーの活用法についてお伝えをしていきます。是非参考にしてみてください。

使える場所と使えない場所について解説

では最初に、そもそもの「利用できる場所」と「利用出来ない場所」についてお伝えしていきます。
スチームクリーナーは高温のスチームを噴射するため、弱い素材のところに当ててしまうと、素材自体が傷んでしまいます。そのため「当てていい場所といけない場所の区別」というのが、極めて重要になってくるのです。

 

では、具体的に分け方をお見せすると、、、
下記のような内容となっております。

 

【利用をしてもOKな部位】
金属・タイル・熱に変形をシない部分

【利用をしてはNGな部分】
プラスチックなdその熱に弱い部分

 

つまりは「熱に当てていいかいけないか」というのが全ての判断基準となるわけです。
ここは基礎ですが極めて重要なポイントとなりますので、しっかりと抑えておきましょう。

具体的な利用の流れについて解説

では次に、実際にスチームを利用して掃除を行っていく際の「具体的な流れ」をお伝えしていきます。
自己流でやっていただいても良いのですが、やはり下の方法で取り組んで頂くとスムーズに掃除が進むかと思います。
基本の流れとなるので、是非取り組んでみて下さい。

 

まずはお湯で通常の掃除を行う

 

お風呂の掃除を行う際には、まずはお湯で基本的な掃除を全て終わらせて行きましょう。
スチームクリーナーを購入した直後というのは、やはり「全てをスチームでピカピカにしてやる!」と意気込んでしまうため、最初からスチームクリーナーを利用してしまいます。

 

しかし、最初に通常の掃除を行うと、大きく分けて下記のようなメリットを得られるのです。

 

  • 基本的な汚れは簡単に取れる
  • お風呂の温度を上げられるため、ダメージを減らせる

 

まず1つめの内容としては、単純に「汚れを簡単に落とせる」という事です。
簡単にお湯&洗剤で汚れを落とせるということであれば、わざわざパッドなどを汚す必要はありません。

 

そして、2つ目がかなり大きな要素となってくるのですが、、、
「お風呂の温度を上げられる」という点です。

 

これは、特に冬などに重要な要素になってきます。

 

そもそも、お風呂というのは真冬はかなり冷えます。
そして、そんな風にキンキンに冷えている所に、熱々のスチームを当ててしまうと、一気に痛みが進んでしまい、最悪の場合ヒビ等が入ってしまうんですね。

 

そう言った事態を防ぐためにも、まずは簡単にお湯で掃除を行っていきましょう。

 

スチームクリーナーを利用して一気に掃除

 

上の様に、簡単に掃除が完了したら、次はスチームで一気に掃除を行っていきましょう。

 

まず最初に取り組んでいただきたいのが、金属の部位となります。

 

 

このように汚れがこびりついてしまっているため、スチームをガンガン当てて大丈夫です。
(金属は変形などがしないため、温度等も気にせず積極的にトリクで行きましょう)

 

上の内容が終わったら、次に床等に取り組んでいきましょう。

 

 

このように床が汚れてしまっていると思うのですが、ファイバーパッド等を利用して掃除を行うと、ガンガン汚れを落とすことが出来ます。是非この流れでトリクで見て下さい。

スチームファーストが一番おすすめです!

では最後にオススメのスチームクリーナーをご紹介していきます。

 

個人的には、スチームクリーナーを選ぶ際には、下記のポイントが極めて重要だと考えております。

 

  • 基本的なスペック(連続稼働時間等)
  • アタッチメントの種類
  • スチームの質
  • 価格

 

そして、これらを考慮に入れた上で、唯一オススメを出来るスチームクリーナーが「スチームファースト」となるのです。
【参照】スチームファーストの評判や口コミとは

 

ケルヒャーやスチームモップなど、他の様々な製品と比べた上でも、明らかに優位性を保っている製品となります。どなたにもオススメが出来る製品となりますので、是非公式サイトにて詳細をご確認下さい。

 

>>スチームファースト公式サイト<<