大掃除にスチームクリーナーは活躍するの?

大掃除にスチームクリーナーは活躍をしてくれるの?

スチームクリーナーと言うと、やはり大掃除のタイミングで活躍をしてくれるイメージを持たれているかと思います。では具体的にどういった部分で活躍をしてくれるのでしょうか。掃除のポイントをお伝えしていきますので、是非ご確認下さい。

具体的な掃除のポイントを解説

では具体的に「掃除しやすいポイント」をお伝えしていきます。
一言で「大掃除にスチームクリーナーが使える」と言っても、具体的に下記のようなポイントで特に掃除の効果を発揮してくれるのです。

 

  • キッチンの掃除
  • フローリングの掃除
  • トイレの掃除

 

では、それぞれ詳細についてお伝えをしていきます。

 

キッチンの掃除

まずやはり挙げられるのが「キッチンの掃除」となります。
キッチンと言えば、単純にコンロまわりにこびりつく油汚れだけでなく、まな板の除菌・電子レンジの臭い取り等、様々な部位においてスチームクリーナーは活躍をしてくれます。

 

この中で、私が特にオススメをしたいのが「電子レンジの掃除」となります。

 

一般的に、皆さんコンロの掃除はしっかりと行うのですが、電子レンジの掃除は徹底して行わないように思えます。レンジ内をにクリーナーを当てていくだけで、簡単に臭い取り・汚れ取りが行えますので、是非最初の段階で取り組んでいきましょう。

 

フローリングの掃除

 

次にお伝えをしたいのが「フローリングの掃除」となります。
基本的に、皆さんフローリングの掃除は掃除機やクイックルワイパー等でしっかりと取り組んでいるかと思います。しかし、スチームクリーナーを利用して床掃除を行うと、上の掃除だけでは不十分な「除菌」を、しっかりと行うことが出来るんですね。

 

普段そこまで徹底して除菌を行う必要はありませんが、やはり年一回程度はやったほうが良い内容となります。是非しっかりと取り組んでいきましょう。

 

トイレの掃除

最後にお伝えをしたいのが「トイレの掃除」となります。
やはりトイレというのも、どうしても菌などが溜まりやすい場所になっています。

 

そこで、例えば便差の裏側などはしっかりとスチームを当てた上で掃除を行っていきましょう。ただ、やはりキッチンで利用をしたパッドを利用すると不潔になってしまうので、しっかりとパッド等は変えるよう意識をしてください。

基本的には汚れは溜めないようにしよう!

ここまでお伝えをしてきたように、やはりスチームクリーナーは大掃除に活躍をしてくれます。
しかし、どうしても「古い汚れ」というのは、それだけ落としにくくなってしまいます。

 

年に一回大掃除でしっかりと汚れを取るのも重要ですが、それ以上に「普段の細やかな掃除」をしっかりと意識して掃除を行っていきましょう。