スチームファーストを比較解説します

スチームファーストが本当にオススメ出来ます!

最近ではケルヒャーやアイリスオーヤマだけであく、各社からスチームクリーナーが発売をしています。しかし、当サイトで最もオススメをしているスチームクリーナーが「スチームファースト」となります。

 

そこで、当ページではスチームファーストのどんな点が特にオススメを出来るのか、詳細をお伝えしていきます。是非詳細をご確認下さい。

スチームファーストの具体的なおすすめポイントを解説

スチームファーストは、ケルヒャー等に比べて、はっきりと知名度で劣ってしまっています。
しかし、ケルヒャーが広告費等に当てるお金を本体代に付加しているというだけあって、下記のような素晴らしい特徴を有しているスチームクリーナーとなっているのです。

 

  • 連続稼働時間が45分
  • アタッチメントの数がスチームクリーナーの中で最多
  • ボイラー方式のため、スチームの質が最高
  • これだけ揃って2万円以下

 

では、それぞれ詳細についてお伝えをしていきますので、是非内容をご確認下さい。

 

連続稼働時間が45分

 

まず最初にお伝えをしたいのが「連続稼働時間45分」という点です。
スチームクリーナーを選ぶ段階で、この点に注目をしている人は少ないのですが、、、
極めて重要な点だと言えるんですね!

 

スチームクリーナーというのは、基本的に蒸気を作り出す必要性があるため、
水を入れてから、使用まで時間がかかってしまいます。

 

そして、スチームが出始めてから、何分間利用出来るかが「連続稼働時間」となるわけです。

 

スチームファーストは、同価格帯の他製品に比べて、最も長い連続稼働時間を有しています。
そのため、部屋中をまとめて掃除が可能なのです。

 

アタッチメントの数が最多

 

次のオススメポイントとして挙げられるのが「アタッチメントの数」となっております。
スチームクリーナーは、各社初期付属のアタッチメントを用意しているのですが、スチームファーストのアタッチメントの数が最多となっているんですね。

 

アタッチメントの数が多ければ、それだけ様々な場所に適切な掃除を行うことが可能になります。そのため、極めて重要な点となってくるのです。

 

ボイラー方式のため、スチームの質が最高

 

最後に挙げられるのが「スチームの質が極めて高い」という事です。
実は、スチームクリーナーと一言でくくっても、実際にはパネル方式とボイラー方式に分かれています。

 

そして、両製品の具体的な違いとしては、下記のようになっております。

 

【ボイラー方式】
スチームの待ち時間が7分程度かかってしまうが、安定したスチームの射出が可能。130℃程度のスチームを生成。

【パネル方式】
スチーム待ち時間は1分程度で終わるが、スチームの温度は低く質も悪し。こびり付いた油汚れなどには力不足が否めない。

 

こうやって見てみると、本気で掃除を行いたいなら、ボイラー方式一択になるんですね。

 

そして、スチームファーストはボイラー方式が採用のモデルとなっております。
つまり、オススメ出来るモデルとなるわけです。

スチームファーストの詳細は公式サイトをチェックしよう!

ここまでスチームファーストについて解説をしてきました。
最近では、以前付属していなかった専用洗剤である「スチームマジック」等も付属をしておりますので、より詳しい内容をご確認頂きたいということであれば公式サイトをご確認下さい。

 

>>スチームファースト公式サイト<<