スチームクリーナーのボイラー方式・パネル方式で違いはあるの?

スチームクリーナーの方式ごとの違いを解説

スチームクリーナーには、ボイラー方式とパネル方式が存在しております。
このどちらの方式にするかによって、全く特徴が異なってきますので、購入前にしっかりと方式を理解するようにしましょう。

方式ごとの基礎知識を解説

では最初に、それぞれの方式ごとの基本的な知識をお伝えしていきます。
スチームの威力や商品サイズ等が異なりますので、まずはその点をしっかりと把握するようにしましょう。

 

ボイラー方式

 

ボイラー方式というのは、掃除機型の製品等に利用をされている機種となります。
こちらの基本的な特徴としては、下記のようになります。

 

  1. スチームの温度が高く、質が高い
  2. 連続稼働時間が全体として長めである
  3. 本体が大きくなりがち

 

ちなみに、私が最もオススメをしているスチームファースト等も、こちらの方式となります。

 

ボイラー方式は、見た目としてどうしても大きくなってしまうため、一見すると「持ち運びの便利なパネル方式の方が良さそう」と思ってしまいます。

 

しかし実際には、ボイラー方式の方が極めて安定したスチームを発揮してくれるため、長期に渡って家の様々な面の掃除に役立てることが出来るんですね。

 

基本的には、私はボイラー方式をオススメしております。

 

パネル方式

 

パネル方式というのは、スチームモップやハンディタイプ等に採用されている形となります。
上の内容に対して、こちらの基本的なスペックとしては下記のようになります。

 

  1. スチームの温度がボイラーに比べて、30℃前後低い
  2. 連続稼働時間が10-15分んと短め
  3. 本体は小さく持ち運びが簡単

 

つまり、持ち運びの簡単さの代わりに、他全てのスペックを犠牲にしたのが、パネル方式となるわけです。

 

ハッキリ言って、私はパネル方式はオススメをしておりません。と言うのも「汚れが思っほど落ちなかった」というスチームクリーナーへの不満等は、ほぼ確実にこのパネル方式が原因となって発生をしてしまっているんですね。

 

本気で掃除をしていきたいなら、やはりボイラー方式を購入するようにしましょう。

 

オススメ製品はボイラー方式のスチームファーストです

ここまでお伝えしてきたように、、、
当サイトでは、やはりボイラー方式の製品がおすすめとなります。

 

そして、ボイラー方式の製品の中でも、最もオススメをしたいのが「スチームファースト」となります。スチームファーストは、連続稼働時間が45分と極めて長いだけでなく、スチームの質やアタッチメントの数等、周辺的なスペックも文句なしの内容となっております。

 

今現在スチームクリーナーを検討中という事であれば、まず最初にこちらから検討をしていきましょう。

 

>>スチームファースト公式サイト<<